ガクトク for student

学生にとっておトクな情報を厳選してお届けする学生によるブログ

スポンサーリンク

寒い冬 一人暮らしに最適な暖房器具はエアコン?ヒーター?

今日から12月。本格的に冬ですね。

学生の皆さんは、一人暮らしをしているという方も多いはず。一人暮らしで気になるのは、ガス代や電気代などの光熱費。

とくに暖房が必須な季節では特に気になりますよね。そんな光熱費と暖房の関係を今回は解説!

f:id:forstudent:20171201020502j:plain

 

空気を汚す暖房器具の使用は避けたほうがベター

一人暮らしをしている学生は、あまり広い部屋に住んでいることはないはず。そうすると、おのずと、部屋の空気の量も少なくなります。

なので、空気を汚してしまう暖房器具を使うと、広い部屋に比べて、すぐに空気が汚くなってしまいます。

具体的には、ガスや石油を使うもの。ガスファンヒーターや石油ファンヒーターです。これらは、ガスや石油が燃えることで発熱するので、二酸化炭素などが充満することになります。換気が必須になります。

こうした暖房器具は、

・広い

・ガス栓がある(ガスファンヒーターの場合)

ところで使うことが適しています。一般的な一人暮らしでは、特別な理由がない限りおすすめできません。

 

電気代は安いけど、抜け出せなくなる「こたつ」2~5円/時間

一人暮らしの強い味方が「こたつ」

ひとりであたたまるのに最適なサイズで、なおかつ安い電気代。

ただ、大学生にありがちなのが、こたつから抜け出せなくなる症候群…

冬場はこたつから離れられませんね。

 

 

冷える地面をあたためる「ホットカーペット」6~12円/時間

冬の地面はとっても冷たいです。

いまどきのアパートでは、フローリングが多いはず。フローリング直接では、冷たさがダイレクトで伝わってきます。それを緩和してくれるのが、ホットカーペット。

電気代もそんなに高いことはなく、暖かさを伝えてくれます。

部屋の温度上昇は見込めませんが、冷たさは和らぐのでは。

 

意外とおトク?「エアコン」3~50円程度

いまでは、備え付けの場合が多いエアコン。これを有効活用することがおトクな暖房のコツ。

エアコンの消費電力はとても大きく表示されていますが、あくまで最大値。部屋の温度が暖まってくると、消費電力は下がりますので、電気代も下がります。

 

温めるときに一番電気を使うのですが、その温める時間を短くしてくれるのが、先ほど紹介したホットカーペット。ホットカーペットと併用することで消費電力を抑えながら、素早くあたたまることができます!

 

電気代は高め「オイルヒーター」「電気ストーブ」9~30円

これらの暖房機器は、電気代は高め。また、部屋を暖めるまでに少し時間がかかってしまうようです。

ただ、「オイルヒーター」は、安全性の面で優れており、一人暮らしの狭い部屋で使うのにも適してそうです。エアコンなどが設置されていない部屋では、かなりおすすめ。

 

体の芯からあたたまる「遠赤外線ヒーター」5~30円

電気代は高めですが、うまく使えばおトクなのが「遠赤外線ヒーター」

遠赤外線を使い、体の芯から温めてくれます。部屋の空気を温めるというよりも体を温めるという感じ。狭い部屋で局所的に温めるのに向いているといえるでしょう。

脱衣所などで使うにも良さそうですね。

 

まとめ

エアコンが設置されているお部屋であれば、エアコンを利用するのがおすすめ。

それに加えて、ホットカーペットやこたつを利用することで、効率や温まりの時間などを向上させることができそうですね。

 

 

www.gakutoku.com

 

 

www.gakutoku.com

 

スポンサーリンク