ガクトク for student

学生にとっておトクな情報を厳選してお届けする学生によるブログ

スポンサーリンク

仮想通貨は今がはじめどき!?

最近なにかと世間を騒がせている仮想通貨。

仮想通貨って危ないギャンブルじゃないの?この前もなんか事件があったし…とマイナスなイメージをもってるひとも多いのではないでしょうか。

そもそも仮想通貨とはなんなのか、以前別の記事でも紹介しましたが、日本(円)やアメリカ(ドル)、中国(元)などが発行している法定通貨(国が価値を保証している)に対して、どこの国の法律にも縛られない通貨を目指したのが仮想通貨(暗号通貨)といわれています。

ブロックチェーンやマルチシグなどニュースやネットで見たことがあるひともいるのではないでしょうか。このような技術や将来の有用性に期待してみんなが買うことによってその通貨の価値が上がっていくわけです。

話は変わりますが、2018年の1月に発生したコインチェックの流出事件に関しての説明を少ししたいと思います。

インチェック(仮想通貨の取引所)で取引されていたネム(NEM)という通貨580億円相当がなにものかによって盗まれるという仮想通貨史上最大の流出事件が発生し、メディアでも大々的に報道されました。 

この事件によって仮想通貨はやっぱり危ない、と考えたひとも増えてしまったのではないでしょうか。

このネム(NEM)の流出事件はコインチェックがオフラインのコールドウォレットではなく、オンラインのホットウォレットにて通貨を保管していたために盗まれたといわれています。

つまり、通貨自体が悪いのではなく、コインチェックの管理体制、脆弱性によって引き起こされたのです。仮想通貨自体が新技術なので技術的にも危機管理もまだまだ未熟な面が多いのも事実です。

そのため、仮想通貨を始める場合は取引所の選択が重要であるといえます。

そこでオススメしたい取引所が「Zaif(ザイフ)」という取引所です。

Zaifを運営するテックビューロ社は仮想通貨のセキュリティ対策に力を入れているため、安心して取引することができます。また取引手数料がマイナス0.01%と日本一安く、さまざまなアルトコイントークンを購入することが可能です。

また仮想通貨には珍しい「Zaifコイン積立」という通貨の積立ができることも大きな特徴です。「Zaifコイン積立」は毎月一定額口座から引き落とされ、自動で仮想通貨を購入してくれるサービスです。

どのタイミングで通貨を買えばいいのかわからないひとやいちいち取引するのが面倒なひt、ローリスクで長期間の資産運用をしたいひとにとってはメリットが多いサービスといえるでしょう。

個人的な意見ですが、今回の流出事件で仮想通貨において一定の知名度は得られたと思います。この先技術が進歩していき、世界中で仮想通貨が使われるようになったとき、その価値は計り知れません。そんな将来のために、今から仮想通貨について学び、保有するのもひとつの選択肢であるのではないでしょうか。

ぜひZaifで仮想通貨をはじめてみませんか?

スポンサーリンク