ガクトク

学生にとっておトクな情報を厳選してお届けする学生情報サイト

これぞインスタ映え?マカオがとっても魅力的

Gucchieは先日、香港に行ったついでに「マカオ」に行ってきました。

f:id:forstudent:20180125195114j:plain

香港からマカオへはフェリーで1時間程度。日帰りで十分いけちゃいますし、カジノついでに1泊してもいいですね。

いちおう、違う地域って言うことなので、パスポートチェックはありますが、スタンプは廃止されています。

 

さて、今回は、珍しくガイドブックどおりにめぐっていくことにしましょう。

 

バラ広場

 

f:id:forstudent:20180125195127j:plain

スタート地点はバラ広場ってとこから。

フェリー乗り場からは、車で15分くらいです。移動にはタクシー、それもふつーの。海外でuberやgrab以外のタクシーに一人で乗ることは少ないですが、マカオは安いし、安全とのことなので。

 

媽閣廟(マァコッミュウ)

 

f:id:forstudent:20180125195136j:plain

まずは、媽閣廟(マァコッミュウ)という寺院?けっきょう急斜面に立っていますが、中に入って様子を見ることもできますよ。

 

ふつーの町並み

 

f:id:forstudent:20180125195139j:plain

中国本土も何回も渡航していますが、ぜんぜん違いますね。どこか西洋の雰囲気を感じますマカオは1999年まではポルトガル領でした。もうGucchieも生まれてますね。

 

f:id:forstudent:20180125195141j:plain

カラフルな建物が多いのも特徴です。緯度でいうと、ほぼハワイのホノルルと同じくらいなので1月に訪問しましたが、すごしやすい天候です。

 

港務局大楼(ゴンモウゴッダイラウ)

 

f:id:forstudent:20180125195150j:plain

めっちゃインスタ映えしそうなこの通路。1874年に建設されたそう。

 

f:id:forstudent:20180125195147j:plain

外から見るとこんな感じ。中には入ることはできませんが、外周の通路は自由に入れます。

 

鄭家屋敷(ジェンガーダイオッ)

 

f:id:forstudent:20180125195155j:plain

ラインのアイコンにぴったりのこの場所は、1881年に建設されたもの。家ですよ。

 

f:id:forstudent:20180125195207j:plain

伝統t的な中国家屋のなかに、インドや西洋のデザインが取り入れられているそうです。

 

f:id:forstudent:20180125195201j:plain

入り口のところには、警備員の方もいて、門っぽいものもあるんですが、入場は無料です。マカオはほんとにお金をかけずに観光できちゃいます(カジノに行かなければ)。

 

ドン・ペドロ5世劇場

 

f:id:forstudent:20180125195212j:plain

中国初のオペラハウス。1860年の建設です。こちらも内部が自由に見学できます(劇場部分には入れません)。

 

聖ローレンス教会

 

f:id:forstudent:20180125195219j:plain

1846年に再建されたという教会。結婚式などに人気だとか。

 

歩いていると、すこし景色が変わってきたでしょうか。

f:id:forstudent:20180125195226j:plain

この中国と西洋がミックスされたようなまち。たまらないですね。

 

慮家屋敷

 

f:id:forstudent:20180125195215j:plain

こちらもまたおしゃれなおうちですね。中に入ってみると、なんかとっても美しい家ですが、東南アジアの家とも西洋の家とも違う不思議な感じ。

 

f:id:forstudent:20180125195233j:plain

いろんなとこにふとした段差があるので注意してくださいね。

 

聖ポール天主堂跡

 

f:id:forstudent:20180125195235j:plain

これぞ、マカオのシンボルですね。1582年に移築された礼拝堂が、1835年の火事で焼失、この正面だけが残ったということです。裏には、当時の遺構などもあるので要チェック。

 

ロバート・ホー・トン図書館

 

f:id:forstudent:20180125195241j:plain

なんだこのレトロとモダンの融合した図書館は!?機能性もあり、重厚さもある、とっても魅力的な図書館です。ちょっとひと休みにもお勧め。

 

やっぱカジノ

 

f:id:forstudent:20180125195247j:plain

マカオといえば、カジノですよね。21歳以上が入れます。内部は撮影できませんでしたが、Gucchieももちろん参戦。乱高下しましたが、結果2000円プラスの時点で、帰りのフェリーの時間になってしまいました。

 

まとめ

 

f:id:forstudent:20180125195244j:plain

 マカオはかなりコンパクトな観光地で日帰りでも十分楽しめちゃいます。香港からも近く日帰りでいける距離なので、香港へLCCで行くなどすると安くいけちゃいますね。わたしも香港にLCCの香港エクスプレスで向かいました。

また、今回の旅で使ったガイドブックはこちら。

まっぷる 香港 マカオmini'18 (マップルマガジン 海外)

まっぷる 香港 マカオmini'18 (マップルマガジン 海外)

 

 

 

関連記事



www.gakutoku.com