ガクトク

学生にとっておトクな情報を厳選してお届けする学生によるブログ

レンタカーの補償って入るべき? 免責補償とは…

レンタカーを予約するときに、どんな会社でも、補償をつけるかどうか選択できますよね。その際につけるかつけないか、なんとなく決めちゃってないですか?

「補償をつければ事故にあっても何も払わなくていい?」

そうとも限りませんよ。

 

さあ、今回は、レンタカーの補償について簡単に勉強してみましょう。

 

タイムズカーレンタルを例に説明

Gucchieおすすめのタイムズカーレンタルを例にして補償制度を解説していきましょう。

 

www.gakutoku.com

 

f:id:forstudent:20171226232023p:plain

さあ、タイムズカーレンタルの補償はこんな感じ。なんか複雑ですよね。まず、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲは、車種によっての違いです。一番使うであろうⅠを例に見てみましょう。

 

別で補償に入らなくても、上限はある。

f:id:forstudent:20171226232530p:plain

事故発生時のご負担金というところに注目。

なにも補償を特別に付けていない状態である「標準補償コース」でも、最大15万円と上限があります。

そうなんです、補償に入ってないから何億も請求することはもともとないんです。

 

免責補償とは

そして2段めが、免責補償。標準の状態でも補償はあるのですが、免責額というものが定められています。

「補償はするけど、これだけは払ってね」

という額です。それが、通常、対物で5万円、車両で5万円です。

車も壊して、何か他のものも壊した場合は、10万円になりますね。

 

ノンオペレーションチャージ(NOC

3段目以外は、ノンオペレーションチャージと言うものがあります。

「修理とかで、レンタカーとして営業できない分を払ってね」

というものです。こちらは、額が決まっており、自走可能で2万、不可能で5万です。

3段目の安心補償コースでは、NOCも無料になります。

 

ロードサービス

消耗品であったり、うっかりであったりに起因するようなことを、助けてもらうのがロードサービス。パンクやバッテリ上がり、ガス欠など。

f:id:forstudent:20171226232024p:plain

こちらが、3段目の安心補償コースだと無料になっていますね。

 

 

結局補償は入るべき?

事故をしたときも最大負担額は15万円です。

1回の補償が大体24時間で1000円。

150日で同額になります。単純な話、

「150日運転したら、事故をするのか?」

という問題ですよね。ただ、150日に1回事故をするような人が公道運転しちゃ困りますよね。

ということで、Gucchieは普段補償をつけていません。

ただ、雪道のドライブだったり、かなりの長距離ドライブなど、ロードサービスを使う可能性も比較的高そうだな、というときは、補償をつけたりもします。

 

その時その時におおじて、補償をつけるかどうかを考える必要がありますね。

 

 

www.gakutoku.com

www.gakutoku.com

www.gakutoku.com