ガクトク for student

学生のみなさまが、いまよりちょっと楽しく賢くすごせるように

スポンサーリンク

東南アジア初ひとり旅4 アンコールトム

アンコールワットから少し北上したところに、アンコールトムという遺跡のエリアがあります。 いくつかの遺跡が集まっています。歩いていける範囲にかなりの数があるので、時間を使って歩きたいですね。

まずは、こちらが、バイヨンという遺跡。アンコールトムのなかでは一番有名なもの。

この顔が象徴的ですね。 イッテQのスタジオの顔もこれをモチーフにしてるんだとか。

すべての石に意味がある、そんな気持ちになります。

ほんとにきれいな状態ですね。

これはなんだったのでしょうか。

バイヨンからすこし小道を歩いていくと、小規模な(といってもとても大きいですが、)遺跡がたくさんあります。 その多くが登ったり入ったりできるようです。

ただ、多くの遺跡があるので、その中には整備されていない遺跡もたくさんあります。 GPSもあんまり信用ならない部分もあり、携帯回線も届かないところもあるので、迷子にも注意が必要です。 正直な所、崩壊の危険があるものもあるとおもいます。自己責任で、ということですね。 わたしも、海外旅行は自己責任、そう心に刻んでいつも旅行しています。

整備されていない遺跡っていうものは、それはそれでリアルな姿を見せてくれるので、わたしは好きです。 あまり観光客もいないので、1対1で遺跡に向き合うことができます。

ほんとにきれいに整備されちゃっているよりも、時の流れを感じやすいですね。

あくまで、自己責任で

スポンサーリンク